これはブログではない

生物学(主に理論生物学)の論文を書くために読みます

Others

社会的に隔離されたゼブラフィッシュの全脳マッピングから、孤独な魚は孤独が好きなわけではないことが解明された

Hande Tunbak;...;Elena Dreosti(2020.5, eLife)[Whole-brain mapping of socially isolated zebrafish reveals that lonely fish are not loners] 理由 ラボSlackに流れてきた 概要 ゼブラフィッシュを用いて、行動と脳の機能における社会的孤独の影響を評…

パスタの変形とその先

Ye Tao;..;Lining Yao(2021.5, Science Advances)[Morphing pasta and beyond] 理由 Twitterで流れてきた 概要 モーフィング構造(変形する構造)は、構造的な異方性や組成の不均一性を利用して、平らなシートに応力を導入して設計されることが多い。ここでは…

イメージング無しの分子トモグラフィーによる空間組織プロファイル

Halima Hannah Schede;...;Gioele La Manno(2021.4, Nature Biotechnology)[Spatial tissue profiling by imaging-free molecular tomography] 理由 Twitterで流れてきた 概要 空間解像度のオミックスプロファイルのために、いくつかの技術が最近開発されて…

拍動的な収縮によって、上皮組織におけるアポトーシス的な細胞の押し出しが促進される

Youmna Atieh;...;George T. Eisenhoffer(2021.3, Current Biology)[Pulsatile contractions promote apoptotic cell extrusion in epithelial tissues] 理由 ラボSlackに流れててきた 概要 押し出しは、不適当な細胞や過剰な細胞、もしくは死細胞を上皮組織…

代謝解析から、2つの紫葉の茶の木栽培品種(Camellia sinensis L.)における色の変化の異なるメカニズムが解明された。

Jiazhi Shen;...;Xujun Zhu(2018.2, nature Horticulture Research)[Metabolic analyses reveal different mechanisms of leaf color change in two purple-leaf tea plant (Camellia sinensis L.) cultivars] 理由 バナナから発展して、植物の色の変化につ…

バナナの皮の摩擦係数

Kiyoshi Mabuchi;,,,;Rina Sakai(2012.9, Tribology Online)[Frictional Coefficient under Banana skin] 理由 バナナについて調べてるって言ったら、助教が教えてくれた 概要 床材の上のバナナの皮の摩擦係数を計測した。リノリウムの平面の床に自由度6の力…

ハマサンゴ礁の物理特性への環境の影響

Molly A. Moynihan;...; Ali Miserez(2021.3, Coral Reefs)[Environmental impact on the mechanical properties of Porites spp. corals] 理由 ラボSlack 概要 サンゴ礁の骨格構造の経済的かつ生態的重要性と将来の気候変動に対する予測される脆弱性にもか…

コヒーレント X 線回折によって解明された卵白ゲルの不均一なダイナミクスとネットワーク形成の力学

Nafisa Begam;...; Frank Schreiber(2021.3, Phys. Rev. Lett.)[Kinetics of Network Formation and Heterogeneous Dynamics of an Egg White Gel Revealed by Coherent X-Ray Scattering] 理由 ラボSlackに流れてきた 概要 X線光子相関分光法と超小角X線散…

CFTRを発現する塩類細胞を含めた気道上皮階層性の見直し

Daniel T. Montoro;...;Jayaraj Rajagopal(2018.8, nature)[A revised airway epithelial hierarchy includes CFTR-expressing ionocytes] 理由 ラボSlackに流れてきた 概要 肺の気道は、喘息や嚢胞性線維症での主な疾患部位である。ここでは、単細胞RNAシー…

気道上皮の単細胞解剖からCFTR豊富な肺塩類細胞が解明された

Lindsey W. Plasschaert;...; Aron B. Jaffe(Nature, 2018.8)[A single-cell atlas of the airway epithelium reveals the CFTR-rich pulmonary ionocyte] 理由 ラボSlackに流れてきたやつ 概要 上皮組織の機能は、組織が含んでいる分化細胞の種類、量、分布…

微小管細胞骨格の渦を起こす不安定性

David B. Stein;....;Raymond E. Goldstein(2021.1, PHYSICAL REVIEW LETTERS)[Swirling Instability of the Microtubule Cytoskeleton] 理由 ラボSlackに来てたかな 概要 原形質流動の細胞現象において、微小管ネットワークに沿って貨物を運搬する分子モー…

イソギンチャクDiadumene lineataにおける集団遺伝構造に対するクローン性の寄与

Will H Ryan;...;Stacy A Krueger-Hadfield(2021.1, Journal of Heredity)[The Contribution of Clonality to Population Genetic Structure in the Sea Anemone, Diadumene lineata] 理由 ラボSlackに流れてきたやつ 概要 生態過程や進化過程は、遺伝的多様…

瞬時の原形質のゲル化を介する真菌の創傷治癒

Tu Anh Nguyen;..;Gregory Jedd(2020.11, Current Biology)[Fungal Wound Healing through Instantaneous Protoplasmic Gelation] 理由 ラボSlackシリーズ 概要 多細胞生物は流体輸送ネットワークを活用して、拡散の制限を克服し、必須の長距離輸送を促進す…

後生動物の進化と発生における対称性の変換

Valeria V. Isaeva;...;Nickolay V. Kasyanov (2021.1, Symmetry)[Symmetry Transformations in Metazoan Evolution and Development] 理由 ラボSlackに流れ着いたやつ 概要 この総説では、後生動物の進化と発生、遺伝的基盤そして異なる軸のボディプランの…

集団性細菌は局所的で動的な相転移を受けてストレス誘導性のバイオフィルムを構成する。

Iago Grobas;...;Munehiro Asally(2020.8, bioxiv)[Swarming bacteria undergo localized dynamic phase transition to form stress-induced biofilms] 理由 ラボSlackに流れてきた 概要 自己組織的な多細胞行動によって、細胞は単離された細胞より大きな度…

シクロスポリンAがある条件とない条件の伸長した心筋虚血/再灌流に従う免疫反応の時間ダイナミクス

Vitali Rusinkevich;...;Huang-tian Yang(2019.3, Acta Pharmacologica Sinica)[Temporal dynamics of immune response following prolonged myocardial ischemia/reperfusion with and without aA] 理由 どこかで見つけたけど忘れた 概要 遅い心筋再潅流に…

ナマコゲノムによって、形態の進化や内臓再生の知見が得られる

Xiaojun Zhang;...;Jianhai Xiang(2017.10, PLOS Biology)[The sea cucumber genome provides insights into morphological evolution and visceral regeneration] 理由 ラボセミナーで紹介されてた 概要 脊索動物と共通祖先を共有しているにも関わらず、ナ…

体腔球から着色骨材まで:ナマコ類Cucumaria frondosaの免疫反応における細胞要素と過程

GUILLAUME CAULIER;...;ANNIE MERCIER(2020.10, Biol. Bull.)[From Coelomocytes to Colored Aggregates: Cellular Components and Processes Involved in the ImmuneResponse of the Holothuroid Cucumaria frondosa] 理由 ラボセミナーで紹介されてたやつ …

一次触覚ニューロンにおけるエッジ方向処理

J Andrew Pruszynski & Roland S Johansson(2014.8, Nature Neuroscience)[Edge-orientation processing in first-order tactile neurons] 理由 Twitterで流れてきたやつ 概要 触覚系における一次触覚ニューロンの基本的な特徴は、それらの末梢軸索が皮膚で…

化学的に誘導される皮膚の発癌:実験モデルの最新

Monica Neagu;...;Aristidis M. Tsatsaki(2016.3, ONCOLOGY REPORTS )[Chemically induced skin carcinogenesis: Updates in experimental models] 理由 自分の研究関連 概要 皮膚癌は世界的にヒトに影響する最も一般的な悪性腫瘍であり、その発生は急速に増…

生物構造のボトムアップ式の進歩した工学

Vítor M. Gaspar;...; João F. Mano(2019.12, Advanced materials)[Advanced Bottom‐Up Engineering of Living Architectures] 理由 ラボセミナーで紹介されてた 概要 ボトムアップの組織工学は、元のヒトの組織の複雑な階層と生物機能を要約することを目的…

進化的な方法による等温のDNA複製の要素の最小化

Hiroki Okauchi;...;Norikazu Ichihashi(2020.9, ACS Synth. Biol.)[Minimization of Elements for Isothermal DNA Replication by an Evolutionary Approach] 理由 ラボセミナーで紹介されてたので 概要 DNA複製は、細胞の中心的な役割のひとつである。現在…

有櫛動物における発光基質セレンテラジンの新しい生合成の証拠

Manabu Bessho-Uehara;...;Steven H.D. Haddock(2020.12, iScience)[Evidence for de novo Biosynthesis of the Luminous Substrate Coelenterazine in Ctenophores] 理由 Twitterで見かけた気がする 概要 セレンテラジンは、海の生物発光に関係する重要な基…

再構成可能な生物の設計の実現可能な道筋

Sam Kriegman;...;Josh Bongard(2020.1, PNAS)[A scalable pipeline for designing reconfigurable organisms] 理由 ラボセミナーで出てきておもしろそうだったので 概要 生物はかなり頑健、多様かつ複雑、そして作られたどの技術よりも人命に協力的である。…

ヒドラ回転楕円体における対称性の破れと新しい軸形成:重要な要素としての微小管細胞骨格

Heike Sander;...;Albrecht Ott(2020.8, bioRxiv)[Symmetry breaking and de-novo axis formation in hydra spheroids: the microtubule cytoskeleton as a pivotal element] 理由 ラボSlackに投げられてたやつ 概要 細胞と組織における極性の確立は、多細胞…

自発的かつCa2+誘導的な神経伝達物質の放出におけるシナプトタグミンの遺伝的解析

Zhiping P Pang;..;Thomas C Südhof(2006.4, EMBO J)[Genetic analysis of synaptotagmin 2 in spontaneous and Ca2+‐triggered neurotransmitter release] 理由 ノーベル賞医学生理学賞2013年 概要 シナプトタグミン2は、前脳シナプスにおける速い神経伝達…

小胞体からゴルジ体へのタンパク質輸送に必要な分子機構

Linda Hicke; Randy Schekman(1990.6, BioEssays)[Molecular machinery required for protein transport from the endoplasmic reticulum to the golgi complex] 理由 ノーベル賞医学生理学賞2013年 概要 小胞体とゴルジ体間のタンパク質の輸送を担当する細…

小胞の出芽と融合のタンパク質機構

James E. Rothman(1996.2, PROTEIN SCIENCE)[The protein machinery of vesicle budding and fusion] 理由 ノーベル賞医学生理学賞2013年 概要 輸送小胞を出芽し融合する一般的なタンパク質機構は、細胞成長やエンドサイトーシス、ホルモン放出、神経伝達の…

ラットの海馬錐体細胞の配置と水中迷路中の空間学習

Stig A. Hollup; May‐Britt Moser Edvard I. Moser(2001.12, European Journal of Neuroscience)[Place fields of rat hippocampal pyramidal cells and spatial learning in the watermaze] 理由 ノーベル賞 2014年医学生理学賞 概要 空間学習中の海馬ニュ…

海馬場所細胞における二重相と発火頻度符号化:嗅内メッシュ細胞との関係と理論的重要性

John O'Keefe; Neil Burgess(2005.9, Hippocamous)[Dual phase and rate coding in hippocampal place cells: Theoretical significance and relationship to entorhinal grid cells] 理由 2014年ノーベル賞医学生理学賞 概要 海馬錐体細胞がEEGのθリズムに…