これはブログではない

生物学(主に理論生物学)の論文を書くために読みます

Mathematical model in skin

上皮細胞の不死化の根底にある遺伝子制御ネットワーク

Luis Fernando Méndez-López;...;Elena R. Alvarez-Buylla(2017.2, BMC Systems Biology )[Gene regulatory network underlying the immortalization of epithelial cells] 理由 参考文献探してて見つけたやつ 概要 背景 成体内におけるヒト上皮細胞の腫瘍形…

上皮細胞はケルビンのテトラカイデカヘドロンに基づくタイトジャンクションを介して更新する

Mariko Yokouchi;...;Akiharu Kubo(2016.11, eLife)[Epidermal cell turnover across tight junctions based on Kelvin's tetrakaidecahedron cell shape] 理由 参考文献探してて見つけた 概要 多細胞組織において、細胞は、効果的に機能を与えるような内皮…

メカニズム機械学習モデルを用いた日常の発疹症状スコアの個別化予測

Guillem Hurault;...;Reiko J. Tanaka(2020.8, Clinical & Experimental Allergy)[Personalized prediction of daily eczema severity scores using a mechanistic machine learning model] 理由 自分の研究関連 概要 背景 アトピー性皮膚炎(AD)は、炎症と寛…

表皮バリア恒常性における未開拓領域-表皮カルシウム動態の数理モデリング

Mitsuhiro Denda...;Masaharu Nagayama (2013.12, Experimental Dermatology)[Frontiers in epidermal barrier homeostasis – an approach to mathematical modelling of epidermal calcium dynamics] 理由 一緒に議論した相手から教えてもらった 概要 完全…

皮膚常在免疫細胞は、健康時の上皮細胞内の分布を能動的に調整する。

Sangbum Park;...;Valentina Greco(2021.1, bioRxiv)[Skin-resident immune cells actively coordinate their distribution with epidermal cells during homeostasis] 理由 ラボSlackで流れてきた 概要 ヒトの器官は、適切な構造と機能を確保する複数種の細…

パターンの混ぜ合わせによって動物の配色の多様性を豊かにする

Seita Miyazawa(2020.12, Science Advances )[Pattern blending enriches the diversity of animal colorations] 理由 Twitterで流れてきたので 概要 動物は、鮮やかな多様な皮膚のパターンを示すが、この多様性の根底にあるメカニズムは、特に複雑かつ迷彩…

動物における左右相称の進化は直接的な運動よりも内部輸送を好むのか?

John R. Finnerty(2005.11, Bioessays)[Did Internal Transport, Rather Than Directed Locomotion, Favor the Evolution of Bilateral Symmetry in Animals?] 理由 ラボで紹介されてたので 概要 左右相称動物の標準的な説明は、直接的な移動に対して放射相…

爬虫類の鱗の例:進化と発生、パターン形成と再生

Chang C;...;Chuong CM(2009.1, The International Journal of Developmental Biology,)[Reptile scale paradigm: Evo-Devo, pattern formation and regeneration.] 理由 どこで見つけたかのか、もう忘れてしまったけどストックしてたやつ 概要 この展望の目…

ハイブリダイゼーションによる動物の色パターンの混合

Seita Miyazawa;...; Shigeru Kondo(2010.9, Nature Communications)[Blending of animal colour patterns by hybridization] 理由 実験医学数理モデル特集の第1章3. 「反応拡散型数理モデル」の参考文献 概要 生物学者は長い間動物の色のパターンの驚くべき…

浸潤突起形成の数理モデル

Takashi Saitou;...;Takashi Suzuki(2012.4, Journal of Theoretical Biology)[Mathematical modeling of invadopodia formation] 理由 昔買った実験医学の数理モデル特集を改めて読もうの企画 概要 浸潤癌細胞は、癌の浸潤において重要な過程を行う、浸潤突…

局所的に曲がった幾何によってアフリカゾウ皮膚における曲げ亀裂が生まれる

António F. Martins;...;Michel C. Milinkovitch(2018.10, nature communications)[Locally-curved geometry generates bending cracks in the African elephant skin] 理由 こないだ教えてくれた論文の著者の別のやつ 概要 隙間の複雑なネットワークは、ア…

皮膚パターニングの3D機械化学的な界面モデルの数値近似

Luis MiguelDe Oliveira Vilaca;...;RicardoRuiz-Baier(2019.5, Journal of Computational Physics)[Numerical approximation of a 3D mechanochemical interface model for skin patterning] 理由 こないだ紹介された論文の著者の別論文 概要 界面によって…

皮膚スケールで作られる中間的な生物のセルオートマトン

Liana Manukyan;...;Michel C. Milinkovitch(2017.4, Nature)[A living mesoscopic cellular automaton made of skin scales] 理由 副査の先生に論文の説明に行ったら、関連論文で教えてくれた 概要 脊椎動物において、皮膚の色パターンは細胞間相互作用の非…

蕁麻疹の多様な発疹の単純な反応拡散方程式

Sungrim Seirin-Lee;...;,Michihiro Hide(2020.1, PLOS)[A single reaction-diffusion equation for the multifarious eruptions of urticaria] 理由 自分の研究に(めちゃ)近いので 概要 蕁麻疹は一般的な皮膚疾患であり、局所的に皮膚の浮腫が急に現れて消…

病因となるサイトカイン間の空間的相互作用による乾癬の皮膚パターニング

Lee Ringham;..;Robert Gniadecki(2019.10, iScience)[Skin Patterning in Psoriasis by Spatial Interactions between Pathogenic Cytokines] 理由 自分の研究に近い論文が出ていた 概要 ヒト皮膚疾患の障害は単一の散在パターンから複雑なリングや螺旋まで…

ヘビにおける上皮パタン形成

J.D.Murray; M.R.Myerscough(1991.4, Journal of Theoretical Biology)[Pigmentation pattern formation on snakes] 理由 生物のパターン形成 概要 ヘビの皮膚で見られる共通な、簡単もしくは複雑なパターンのいくつかをs作る細胞走性モデルメカニズムを考え…

貝殻のモデリング

Deborah R. Fowler;...;Przemyslaw Prusinkiewicz(1992, )[Modeling seashells] 理由 生物のパターン形成のモデル 概要 この論文では、画像合成過程に適する貝殻のモデリング法のを示す。これは貝殻表面の上皮パターンの活性-抑制モデルがある貝殻の形の地理…

脊椎動物の皮膚パターンの局所活性-抑制モデル

David A.Young(1984.11, Mathematical Biosciences)[A local activator-inhibitor model of vertebrate skin patterns] 理由 生物のパターン形成の勉強 概要 脊椎動物の皮膚パターンのモデルは、活性性と抑制性の異なる2つの拡散性モルフォゲンを産生するも…

統合的な多細胞生物学モデル:GPUアルゴリズムを用いた3D表皮発生のケーススタディ

Scott Christley;....;Qing Nie(2010.8, BMC Systems Biology)[Integrative multicellular biological modeling: a case study of 3D epidermal development using GPU algorithms] 理由 Biological の"Pattern formation"の"Mathematical model" 概要 背景 …

上皮バリア恒常性の新分野-上皮カルシウムダイナミクスの数理モデルアプローチ

Denda, Mitsuhiro;...;Nagayama, Masaharu(2014.2, EXPERIMENTAL DERMATOLOGY)[Frontiers in epidermal barrier homeostasis - an approach to mathematical modelling of epidermal calcium dynamics] 理由 アトピー性皮膚炎と数理モデル 概要 完全な上皮バ…

円形脱毛症の数理モデル

Dobreva, Atanaska...;Cogan, N. G.(2015.9, Journal of Theoritical Biology) [Mathematical model for alopecia areata] 理由 炎症性サイトカイン3 概要 円形脱毛症(AA)は自己免疫疾患で、その臨床表現型は頭皮や体の他の部分での明確な無毛パタン形成が特…

縞の上皮パターンを特別参考にしたゼブラフィッシュの異なる組織における上皮細胞の分布

Hirata, M;Nakamura, K; Kondo, S(2005.10)[Pigment cell distributions in different tissues of the zebrafish, with special reference to the striped pigment pattern] 理由 近藤先生の論文を改めて読もうシリーズ2 概要 ゼブラフィッシュの通常の皮膚…

角質細胞成長因子シグナリング:表皮創傷治癒における真皮-表皮相互関係の数理モデル

Wearing, HJ; Sherratt, JA(2000.5)[Keratinocyte growth factor signalling: a mathematical model of dermal-epidermal interaction in epidermal wound healing: 理由 Mathematical model" skin のろんぶん 概要 大量の成長因子が治癒過程に関係する多様…

成人真皮の創面収縮と収縮組織の圧縮境界の耐久性の機械化学モデル

OLSEN, L; SHERRATT, JA; MAINI, PK(1995.11)[A MECHANOCHEMICAL MODEL FOR ADULT DERMAL WOUND CONTRACTION AND THE PERMANENCE OF THE CONTRACTED TISSUE DISPLACEMENT PROFILE] 理由 皮膚のmathematical modelで面白そうだったやつ 概要 成体哺乳類の皮膚…

幅広い環境状況に対するヒトの温度調節と温度反応の計算機予測

Fiala, D; Lomas, KJ; Stohrer, M(2001.9)[Computer prediction of human thermoregulatory and temperature responses to a wide range of environmental conditions] 理由 皮膚のMathematical model の論文 概要 寒い、涼しい、穏やか、暖かい、熱い環境で…

指紋形成

Kucken, M;Newell, AC(2005.7)[Fingerprint formation] 理由 皮膚の数理モデルの被引用数が多い奴 概要 指紋(皮膚小稜)は2000年以上前から本人確認として使われてきた。それらは人類学者や生物学者によって科学的にかなり研究されてきた。しかしながら、経験…

ヘパリン結合性成長因子の制御された放出のフィブリン派生物の発達

Sakiyama-Elbert, SE; Hubbell, JA(2000.4)[Development of fibrin derivatives for controlled release of heparin-binding growth factors] 理由 皮膚の"Mathematical model"のbiology関係の被引用数が多いやつ 概要 この研究の目標は、生物模倣型の方法で…

エントロピー生成におけるCu-H2Oのナノサイズ粒子の形態効果

Ellahi, R.;Hassan, M.; Zeeshan, A(2015.2)[Shape effects of nanosize particles in Cu-H2O nanofluid on entropy generation] 理由 皮膚の"Mathematical model"の高被引用文献のひとつ 概要 この論文では、 倒立円錐に沿った自然対流境界層の流れを研究す…

WNTとDDKが反応拡散メカニズムを介して毛包の場所を決定する

Sick, Stefanie;…;Schlake, Thomas(2006.12)[WNT and DKK determine hair follicle spacing through a reaction-diffusion mechanism] 理由 皮膚に関しての"Mathematical model"に関する論文の被引用数2位概要 数理的な反応拡散系は動物の色素パターン形成や…